トップページ酒販ニュース > 2024年度バックナンバー

■2024年6月21日号

2024年6月21日号

超円安で値上げは確実
 ~ヌーヴォー、再び前年割れか

 
  • 4社計14、うちビール11~上半期のビール類新商品
  • すべての月で家飲みプラス、外飲みイナス
     ~コロナ5類後12カ月の支出金額の2019年比
  • いまだ19年比70%以下~大手居酒屋の月次売上高
  • 60億円投じて新・樽貯蔵庫
     ~アサヒ、ニッカウヰスキー90周年で
  • 「國酒需要振興策、様々に」
     ~日本酒造組合総会で大倉会長
  • 山田錦以外の品種、徐々に出品増~全国新酒鑑評会
  • 樽はじめ輸入資材高騰~日本ワイン生産者苦慮
  • 0.1%増の549万箱~5月の機能系ビール類
  • 4月の清酒出荷数量2%減
  • 4月の本格焼酎出荷数量7%増
  • 4月の国産ウイスキー出荷数量15%減

■2024年6月11日号

2024年6月11日号

迫る猛暑、ワインどう売る
 ~輸入業者、堅調な「泡」推す

 
  • 5月は合計0.5%増、ビール12%増
     ~ビール類出荷、発泡酒+新分野11%減
  • 焼酎甲類・清酒10月値上げ
     ~宝酒造、RTD・本みりんも
  • 5月の売上高10%前後増~東京の業務用酒販店
  • クラフトビール、地域団体設立目立つ
     ~技術向上へ交流、イベントで発信強化
  • 「お茶割り」提案強化~宝酒造、若年層獲得へ
  • 5月のRTD6社の出荷9%増
  • 5月のノンアルビール出荷、4社計17%増
  • 過去最高の経常益~日本アクセスの2023年度
  • メルシャンがアル分8.5%のワイン〈ディアプロ〉
  • 日酒販がチリワイン〈サンタリタ〉3シリーズ
  • 4月の瓶詰ワイン輸入数量5%増

■2024年6月1日号

2024年6月1日号

輸入業者、コスト多重苦
 ~超円安→原価上昇→利益圧迫

 
  • 訴求第1弾は「日本酒ハイボール」
     ~日本酒需要創造会議、「料飲店儲かる」
  • 「8銘柄と輸出を継続強化」
     ~村田宝酒造社長が今期方針
  • 〈登美〉強化と醸造棟新設
     ~サントリーが日本ワイン戦略
  • 独立料飲店の開拓継続~カクヤス、10拠点増設
  • 平均2.8%増、17社がプラス
     ~スーパー27社の23年度酒類売上高
  • 香りに特徴、エールが増加~ビール4社
  • 洋酒と樽詰ハイボール9月値上げ~キリン
  • 金賞195点~令和5酒造年度全国新酒鑑評会
  • 前年比10減の92アイテム~4社の中元ビールギフト
  • 2033年までに8億円~モトックス、日本酒輸出で
6月1日号 第2集《ワイン特集》

■6月1日号 第2集《日本酒特集》

飲み手創造~日本酒は挑む

 
  • 対談「日本酒の新しい姿 創る」
    日本酒需要創造会議・倉本隆さん×佐々木健太さん
  • 寄稿・日本酒復活への提言~竹村昭彦さん
  • 若者呼び込む知恵と実践
     ~3酒販店が続ける「19歳の酒」
  • 高騰・瓶から移行加速!?
     ~缶・紙カップ・パウチ・BIB
  • 低精白でいいじゃないか
     ~日本酒の「幅」もっと広げよう
  • 「自由に飲める」醸成を~量販店30社アンケート

■2024年5月21日号

2024年5月21日号

気候変動、原料を変える
 ~高温に強い酒米の開発増

 
  • 4月のビール類出荷数量2%増、ビール牽引
  • 「没入型」のブランド体験増える
     ~酒類・飲料メーカー、非日常の空間施設
  • 2023年度の売上高・利益が過去最高
     ~カクヤスグループ、業務用販売17%増
  • 申請3千者余、ほぼ全者「承認」
     ~租特法新87条の中小酒税特例
  • 東京の業務用酒販店、4月の売上高5~10%増
  • 酒類一品単価が上昇~スーパーの2023年度売上高
  • 合計1.8%減の515万箱~4月の機能系ビール類出荷
  • 8%増、全社プラス~4月のRTD6社の出荷
  • 県内向けの泡盛、値上げ~酒税軽減措置縮減で

ウイスキー特集

  • さらに伸ばす~主要社の重点施策は

■2024年5月1日号

2024年5月1日号

SDGs活動が「深化」
 ~ビール4社、新発想事例も

 
  • 「次世代の飲み手創ろう」
     ~日本酒需要創造会議が発足
  • 新分野にも「一定の注力」
     ~ビール4社「エコノミー需要残る」
  • 金額4者が前期実績確保
     ~灘・伏見大手10社の23年度
  • キリン〈氷結〉、原料に規格外果実使用
     ~フードロス削減へ、1本1円農家に寄付
  • 「異色のサワー」増加中
     ~切り口様々、新価値提案
  • 〈デュワーズ〉〈バカルディ〉注力~バカルディJ
  • 全社増収、7社が営業増益
     ~主要小売業8社の23年度決算
  • 目立つ「ビール強化」~コンビニ3社の春夏棚割り
  • 昨年の泡盛出荷数量3.4%減~沖縄県酒造組合
  • 全国新酒鑑評会、5月22日に入賞酒発表

■2024年4月21日号

2024年4月21日号

生酒と「火入れの夏酒」さあ出番
 ~近年好調、暑い期間長く商機も長く

 
  • 930件、過去最多を更新
     ~2023年度の飲食業倒産
  • 「いろんな層に刺さりたい」
     ~ビール類CM、複数出演が増加
  • ビール4社、ノンアル飲料注力さらに
     ~新商品・基幹品刷新・リアルイベント
  • サワーの素も「無糖」増加
     ~RTD缶の支持拡大受けて
  • カクヤスの宅配、3温度帯に~冷蔵乳製品を開始
  • 日本ワイン、イベント繚乱、
     ~ツーリズム絡めた企画目立つ
  • 「焼酎炭酸割り×チーズ」
     ~霧島酒造、明治とペアリング提案
  • 機能系ビール類出荷、3月は12.5%減
  • 2月の国産ウイスキー出荷11%増

■2024年4月11日号

2024年4月11日号

主戦場ビール 激戦の予感
 ~4社、最盛期への準備整う

 
    11%減、天候不順が響く
     ~3月のビール類出荷数量
  • サッポロ「年内来場20万人を見込む」
     ~「ヱビスブルワリートウキョウ」が開業
  • 3月の売上高、5~10%増/東京の業務用酒販店
  • 自主回収の酒類業者6社~小林製薬「紅麹」問題
  • 量販店価格、値上げ目立つ
     ~〈トリスC〉と〈ブラックニッカ〉
  • 酒類冷ケースの半分PBの小型店
     ~イオンが〈トップバリュ〉強化店
  • サントリーが〈金麦サワー〉、北海道で
  • 酒類計PB比率、昨年15%に上昇
     ~インテージ調べ、RTDは18.5%

東北清酒特集

    主要社「再起」に動く
4月11日号 第2集《ワイン特集》

■4月11日号 第2集《ワイン特集》

変わりゆくワイン
~活性化に向けて求められる多様な提案

 
    「高騰ブルゴーニュ」か「代替」か
     ~輸入業者の販売意向は
  • シャブリの進化~知名度高い産地の今
  • 周辺機器・グッズ 増す役割~コロナを経て
  • OIV登録10年 マスカット・ベーリーAのこれから
     ~「生みの親」岩の原葡萄園に聞く
  • どうする気候変動対策
     ~3地域のブドウ畑管理・栽培実践例
  • 2023年銘柄別販売数量~スティル/スパークリング

■2024年4月1日号

2024年4月1日号

リアルイベント花盛り
 ~コロナ収束、各層で

 
  • 2023年の課税数量、合計0.1%増の811万kl
  • 昨年は1%増の2兆6,669億円
     ~酒類家庭用市場規模、インテージ調べ
  • 〈晴れ風〉、年内販売目標430万箱
     ~キリン、17年ぶり新スタンダードビール
  • チリのコンチャ・イ・トロ社と協業
     ~メルシャン、ワイン造りや市場開拓
  • 清酒の消費者イベント「特別枠」増える
     ~指定席や早く入場可、全銘柄が試飲可能
  • 1位はスティル〈アルパカ〉、発泡性〈モエ〉
     ~昨年の輸入ワイン販売数量/醸造産業新聞社調べ
  • 「つなぐ石川の酒」~石川18蔵が復興応援企画
  • 6%増の5,333億円~昨年のRTD/インテージ
  • 2%増の831億円~昨年のノンアル飲料/インテージ
  • 過去最多年度を上回る842件
     ~23年度4~2月の飲食店倒産

■2024年3月21日号

2024年3月21日号

流出入、目立つ「他酒類→ビール」
 ~10月酒税改正後/インテージ調べ

 
  • 「日本酒需要創造会議」発足へ
     ~生販三層一体で販促企画や情報発信
  • 伸長3分野を強化~サントリーのワイン方針
  • 〈イエローテイル〉最注力~サッポロのワイン方針
  • RTD主要社、海外の需要開拓を強化
  • サントリーのジャスミン焼酎〈茉莉花〉30万箱計画
  • 「魚介に合うワイン」強化
     ~サッポロ、漁協公認の仏〈タリケ〉
  • 全業態で昨年「千円以下」構成比低下
     ~ワインの購入価格帯/インテージ調べ
  • 1月の清酒出荷数量3%減
  • 1月の焼酎乙類出荷数量14%減
  • 1月の国産ウイスキー出荷数量26%増
  • 2月のビール類機能系商品出荷数量7%増
3月21日号 第2集《本格焼酎特集》

■3月21日号 第2集《本格焼酎特集》

本格焼酎の現在地
 ~再浮上の糸口は

 
  • 芋と麦のトップメーカーに聞く
     霧島酒造・江夏順行社長/三和酒類・西和紀社長
  • 選ばれるために~注力卸の提言
     日本酒類販売/ヤマエ久野/南九州酒販
  • 蔵元、商品を育む・磨く~10社の事例
  • 「東京島酒」に好機、3月13日GI指定
  • 来るか「お茶割り」、提案増加
  • 寄稿~サツマイモ基腐病抵抗品種「みちしずく」

■2024年3月11日号

2024年3月11日号

SAKEの「伝道」期待して増加
 ~海外ソムリエ招き蔵見学・試飲会

 
  • 予想大きく上回り5%増~2月のビール類出荷
  • 売上・利益とも過去最高~国分グループ23年度決算
  • 大樽「10年計画で容器統一」をビール4社に要望
     ~業務用酒販店の任意団体・全国酒類業務用卸連合会
  • 日本酒、瓶再利用義務の適用除外に~EUが最終案
  • 売場拡大の新業態店開店~セブン「SIPストア」
  • ドラッグ2位のツルハHDを子会社化~イオン
  • サントリーが国産高級ウイスキーに偽造防止シール
  • 2月RTD6社出荷、15%増で5カ月連続プラス
  • ノンアルビール出荷、2月は18.5%増
  • 日本酒類販売が台湾ウイスキー〈カバラン〉販売
  • テネシーウイスキー〈Jダニエル〉7月値上げ
  • 昨年最多は東京都区部~県庁所在市別の外飲み代支出

■2024年3月1日号

2024年3月1日号

「食中」に照準、各酒類で
 ~RTDは「無糖」切り口

 
  • 酒類販売、全社が増収~ビール4社の23年度決算
  • 「3領域で成果創出」~南方キリンHD次期社長
  • 前期「過去最高の業績」~新浪サントリーHD社長
  • 今期の国内清酒販売3%増を計画~日本名門酒会
  • 昨年30社計9%増の77万箱~輸入オーガニックワイン
  • 16カ月ぶりプラス~1月の機能系ビール類出荷
  • 昨年の最多は盛岡~県庁所在市別の酒類支出
  • ビール類構成比、全階級で40%以上
     ~昨年の収入5階級別1世帯の酒類支出
  • サントリーが〈ジャスミン茶割・JJ缶〉
  • メルシャン〈フロンテラ〉に発泡性の缶

特集・地方酒をどう売るか

  • 仕掛けの継続、必ず成果に
  • イベントで/連携で/店内で仕掛ける ほか

■2024年2月21日号

2024年2月21日号

ビール4社、機能系商品に注力継続
 ~背景に健康志向、複数銘柄が刷新

 
  • ウイスキーとRTD以外前年割れ~昨年の出荷数量
  • 19年比で家飲み12%増、外飲み19%減~昨年の支出
  • キリンホールディングス社長に南方氏
     ~メルシャン大塚氏、ビバレッジは井上氏
  • 輸出数量合計21%減、現地生産は6%減
     ~昨年、灘・伏見・伊丹清酒大手9社の海外
  • ジン、今年35%増の165億円計画~サントリー
  • 果実酒50、ウイスキー26~昨年の製造免許取得者
  • 首位〈ジムビーム〉15%増の94万8千箱
     ~昨年の輸入ウイスキー主要銘柄販売実績
  • 昨年の清酒出荷数量3.2%減
  • 昨年の本格焼酎出荷数量5.7%減

ワイン特集

  • 「ロゼ」存在感発揮へ注力企業の取り組みは
  • 伊の発泡性「プロセッコ」の可能性は

■2024年2月11日号

2024年2月11日号

飲み方「1軒で終わり」もはや常態
 ~コロナ前に戻らぬ業務用市場、今年は

 
  • 被災蔵元、一部製造再開へ
     ~能登地震、他蔵元が製造受託
  • 1月のビール類出荷数量5.8%増、ビール21%増
  • 昨年の国産ウイスキー出荷数量10%増
  • 輸入4%減、国産3%減~昨年のワイン出荷数量
  • 金額14%減、14年ぶり減~昨年の清酒輸出
  • 金額11%減、数量9%減~昨年のウイスキー輸出
  • 東京の業務用酒販店、1月の売上高10~15%増
  • 4社の35商品計で894万箱~昨年のビール類新商品
  • キリン、今年のRTD1.3%増の5,110万箱計画
  • 前年比35%増、19年比34%減~昨年のパブ・居酒屋
  • 白鶴酒造がアル分9度の〈糖質ゼロ〉
  • 月桂冠〈ザ・ショット〉に純米吟醸と上撰生詰

■2024年2月1日号

2024年2月1日号

値上げ、ラッシュか一服か
 ~輸入洋酒・ワインは春続々

 
  • 製造場移転・亡失酒類・醪の扱いで特例通達
     ~能登半島地震で国税庁、酒税還付も大幅簡素化
  • 「売って被災地を応援」の動き、小売店で広がる
  • 昨年のRTD1.5%増、2年ぷりプラス
  • 昨年の合計数量7%減、金額実績確保4社
     ~灘・伏見清酒大手10社、合計で全国の42%
  • 1.4%増の783万kl弱~2022年度酒類消費数量
  • 小売「全酒類・一般」免許場数428減~22年度末
  • 昨年の居酒屋倒産、過去最多の204件
  • アサヒ〈ブラックニッカ〉昨年15%増で過去最高
  • キリンのウイスキー〈陸〉昨年は1.9倍
  • 「通常セット」計5%減~昨年のビール歳暮ギフト
  • 昨年のノンアルRTD8%増の850万箱

■2024年1月21日号

2024年1月21日号

続く「ビールに最注力」
 ~今年のビール4社方針

 
  • 輪島署管内の11蔵中10蔵が全半壊~能登半島地震
  • 「各分野で市場をリード」
     ~鳥井サントリー社長が方針
  • 欧州産酒類の輸送遅延
     ~武装組織が紅海で商船攻撃
  • オンラインで販売管理研修
     ~小売組合中央会、3~4月開始
  • 焼酎の「お茶割り」広がるか
     ~サントリーと三和酒類が提案強化
  • 5%減の6,437万箱~昨年のビール類機能系商品
  • 〈サントリー生ビール〉刷新、瓶と樽を追加
  • キリン〈スプリングバレー〉3種を刷新
  • サッポロ〈ヱビス〉8年ぶり刷新
  • 〈未来のレモンサワー〉2種
     ~アサヒ、フルオープン缶のRTD

■2024年1月11日号

2024年1月11日号

2年連続プラス ならず
 ~昨年のビール類出荷数量

 
  • 全壊、少なくとも5社以上
     ~能登半島地震で石川県の蔵元
  • 売上高、19年並みに回復
     ~昨年、東京の業務用酒販店
  • 酒類業振興に30億円超~国税庁2024年度予算
  • 総販売原価割れで改善「指示」2件~国税庁
  • 強化反映、34種中ビール29
     ~昨年のビール4社の新商品
  • 新発想で需要開拓探る
     ~ワイン、文化や健康・美容
  • 急増、昨年は14商品登場
     ~香り系焼酎、若年層開拓狙う

特集~フロンティア補助金採択事業から

  • 有料試飲機/発注システム作業短縮
     古酒と新酒調合の高級酒 ほか

特集~小売店「酒プラスアルファ」に商機あり

  • 「+スポーツ用品」「+アウトドア用品」ほか

■2024年1月1日号

2024年1月1日号

酒類業は挑む

 
  • 価値の構築、果たそう
     ~コロナによる変化とこれからの針路
  • 期待の商材は、注力策は~量販店25社アンケート
  • 「消費と酒」どうなる~インテージに聞く
  • 物流2024年問題を解く~卸・スーパー、課題解決へ
  • インタビュー~松山アサヒ社長、堀口キリン社長
  • 解説・主要酒類の今年の焦点
     ・ビール類~4社のビール強化続く
     ・清酒~飲み手の数どう増やす
     ・本格焼酎~「香り系」広がり続くか
     ・ワイン~「薄利多売」脱却なるか
     ・ウイスキー~「勢い持続」の見方大勢
     ・RTD~食中狙い「無糖」に注力
  • 〈ブラックニッカ〉99円上げ
     ~アサヒ、4月から洋酒68品目値上げ
  • 「エイジングケ大アワイン研究所」設立
     ~モトックス、同志社女子大薬学部と共同で