2018年6月21日号紙面から

ワイン生産者、自社ブドウ畑を拡大
 ~日本ワイン伸長、農家減少受けて


  • ビールメーカー、市場の実勢把握に悩む
     ~仮需・反動・裏返しに商品施策の違い絡み
  • 取引基準2年目、厳正運用を注文
     ~自民党「街の酒屋」議連、国税庁に
  • 昨年7月~5月末、総販売原価割れで201場に「指導」
  • カクヤスの17年度、1%減収も経常益58%増
     ~業務用751億円、東京市場で金額シェア18%に
  • 18日の大阪北部地震、酒類企業の被害軽微
  • 果物使った飲み方提案、アサヒが家庭用・業務用で
  • 工場見学の「体験ギフト」~伊藤忠食品が14種
  • 低アルRTD主要4社、5月は合計で7%増
  • 「PET入りでシーン拡大」~アサヒがノンアルB

薩摩焼酎特集

  • 明治維新150年、再発信・拡売の絶好機
  • 対談「焼酎王国・鹿児島」復活の道筋

酒販ニュース2018年6月21日号

最新号 2018年6月21日号

定期購読のお申し込みはこちらから

最新号の一部ページをサンプル(PDFファイル)としてダウンロードし、閲覧することができます。ご希望の方は下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

最新号無料サンプル