2017年7月21日号紙面から

「成果」と「不穏」が錯綜
 ~取引基準、まもなく2カ月


  • 上半期1.3%減、3分野ともマイナス
     ~ビール類課税数量、30年前と同水準
  • 上半期快走10%増、9年連続プラス
     ~低アルRTD、他酒類から流入加速
  • 数量・金額ともプラス1社だけ
     ~上半期の灘・伏見清酒大手10社
  • 大手卸7社中5社が増収・増益見込む
     ~2017年度計画、取引基準効果は見方二分
  • 「EUの岩盤規制撤廃が最大成果」
     ~日欧EPA決着で国税庁酒税課長
  • 業務用でクラフトビール強化
     ~アサヒ、茨城工場に設備新設
  • 総売上165億円、清酒は前期並み計画
     ~大関の2017年度、甘酒30%増の14億円
  • アウトドア用品会社と〈久保田〉で共同開発品
     ~朝日酒造、「野外で日本酒楽しむ」市場創出狙う
  • 5月の国産ウイスキー出荷数量、仮需乗り46%増

酒販ニュース2017年7月21日号

最新号 2017年7月21日号

定期購読のお申し込みはこちらから

最新号の一部ページをサンプル(PDFファイル)としてダウンロードし、閲覧することができます。ご希望の方は下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

最新号無料サンプル