2015年4月11日号紙面から

注力・拡充共通はワインとRTS
 ~主要コンビニ8社の春夏棚割り

  • 1社のみ数量・金額とも実績確保
     ~2014年度の灘・伏見清酒大手の出荷
  • スーパーは昨年「千円以下」が85%
     ~ワイン購入の価格帯/インテージ調べ
  • ビール類「機能系」商品7%増の1,402万箱
     ~1~3月、うち「糖質・プリン体ゼロ」245万箱
  • 清酒12蔵の「夏の酒」~日本酒類販売が予約受注で
  • ミラノ万博で7月、清酒6社が「情報発信拠点」
  • 「居酒屋」売上高2月もマイナス、36カ月連続減る
  • 2月の清酒出荷数量0.7%増、32県プラス
  • 2月の焼酎乙類出荷数量10%減、前年大幅増の裏返し
  • 昨年の泡盛出荷数量3.1%減、10年連続減る

東北清酒特集

  • 主力品刷新や新製品――需要開拓へ「攻め」顕著
  • 地元スーパーの販売事例「対面販売で最適品選ぶ」

酒販ニュース2015年4月11日号

最新号 2015年4月11日号

定期購読のお申し込みはこちらから

最新号の一部ページをサンプル(PDFファイル)としてダウンロードし、閲覧することができます。ご希望の方は下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

最新号無料サンプル